相続・遺言のご相談は名古屋つばさ司法書士事務所(旧司法書士酒井厚枝事務所)へ

無料相談

当事務所ではお電話での無料法律相談は行っておりません。ご来所いただく無料の完全個別相談をご予約いただくか、24時間受付中のメール・LINE@での無料法律相談をご利用ください。

そもそも財産管理業務って司法書士の仕事なの?

司法書士は、家庭裁判所で選ばれる相続財産管理人や不在者財産管理人、遺言書の中で指定される遺言執行者、当事者から頼まれて財産管理の業務を行うことができます。

その根拠条文として、司法書士法第29条と司法書士法施行規則第31条があります。

平成14年の司法書士法改正に伴い規定されました。 弁護士法人の業務に関する規則にも同様の規定がありますが、その他の法律には存在しません。そのため、業として財産管理業務を行うことができるのは、弁護士と司法書士に限られると考えられます。

司法書士法第29条は司法書士法人の業務の範囲を定めていますが、「すべての司法書士ができる業務」であることが前提となっています。 そのため、法人ではない司法書士個人でも当然に行うことができます。

では、「法務省令で定める業務」とは何でしょうか?

これは司法書士法施行規則第31条で定められた業務を指しています。

司法書士法施行規則第31条第1号で「当事者その他関係の依頼により、他人の財産の管理 若しくは処分を行う業務」と規定されています。 この規定によって、司法書士は「相続人の皆様からの依頼による任意相続財産管理業務」を 行うことができます。具体的な業務の例を挙げますと、銀行預金の解約手続、株式・投資信 託の名義変更手続、生命保険金の請求などです。

それでは、司法書士が行うことができる財産管理業務に制限はないのでしょうか? 弁護士法第72条による制限がありますので、司法書士が行うことができる財産管理業務 は紛争性がないものに限定されます。 そのため、相続人の皆様から財産管理業務をご依頼いただいてから、法的に紛争が生じるこ とが不可避となってしまった場合には、司法書士として業務を継続できなくなることもご ざいます。


業務の範囲

第二十九条  司法書士法人は、第三条第一項第一号から第五号までに規定する業務を行うほか、定款で定めるところにより、次に掲げる業務を行うことができる。

  1. 法令等に基づきすべての司法書士が行うことができるものとして法務省令で定める業務の全部又は一部
  2. 簡裁訴訟代理等関係業務
  3. 簡裁訴訟代理等関係業務は、社員のうちに第三条第二項に規定する司法書士がある司法書士法人(司法書士会の会員であるものに限る。)に限り、行うことができる。

司法書士法人の業務の範囲

第三十一条  法第二十九条第一項第一号 の法務省令で定める業務は、次の各号に掲げる ものとする。

  1. 当事者その他関係人の依頼又は官公署の委嘱により、管財人、管理人その他これらに類する地位に就き、他人の事業の経営、他人の財産の管理若しくは処分を行う業務又はこれらの業務を行う者を代理し、若しくは補助する業務
  2. 当事者その他関係人の依頼又は官公署の委嘱により、後見人、保佐人、補助人、監督委員その他これらに類する地位に就き、他人の法律行為について、代理、同意若しくは取消しを行う業務又はこれらの業務を行う者を監督する業務
  3. 司法書士又は司法書士法人の業務に関連する講演会の開催、出版物の刊行その他の教育及び普及の業務
  4. 競争の導入による公共サービスの改革に関する法律 (平成十八年法律第五十一号)第三十三条の二第一項 に規定する特定業務
  5. 法第三条第一項第一号 から第五号 まで及び前各号に掲げる業務に附帯し、又は密接に関連する業務

ご相談はこちらから

「はじめての事なので何から手を付ければよいか分からない」といった簡単な質問から、「うちの相続登記の場合は具体的にどうしたらよいですか?」などの細かな質問まで、とにかく疑問に思ったらご相談ください。

いただいたメールにはできるだけ迅速に返信させていただきますが、業務の兼ね合いで返信が遅れることもございますので、ご了承願います。

名古屋つばさ司法書士事務所(旧司法書士酒井厚枝事務所) 概要

所長 酒井厚枝

所長 酒井厚枝

愛知県一宮市出身。愛知県立大学 文学部英文学科卒。総合会計コンサルティンググループ、株式会社名南経営(名古屋市熱田区)の法務部を経て2007年独立開業。

事務所データ

社名 名古屋つばさ司法書士事務所(旧司法書士酒井厚枝事務所)
代表者 酒井 厚枝(さかいあつえ)
所属
  • 愛知県司法書士会 
    (会員番号:愛知第1134号)
  • 簡裁訴訟代理関係業務 認定司法書士
    (認定番号:第218108号)
  • 社団法人成年後見センター・リーガルサポート愛知支部(会員番号:5103731)
  • 特定非営利活動法人相続アドバイザー協議会認定会員(第20期)
開設 平成19年(2007年)7月1日
住所 〒450-0002 名古屋市中村区名駅2丁目36番2号
協和ビル202号
フリーダイヤル 0120-071-232
代表電話 052-433-1232
FAX 052-433-1233
メール a.sakai@@nagoya-tsubasa.jp(@を1つにしてください)
Web http://www.sakai-office.jp
業務内容 相続・遺言書作成・成年後見・債務整理・不動産の登記・法律相談・会社の登記・裁判所へ提出する書類の作成
プライバシー
ポリシー
個人情報保護(プライバシーポリシー)はこちらをご覧ください

事務所のご案内

名古屋の相続屋さん

名古屋つばさ司法書士事務所

〒450-0002
名古屋市中村区名駅2丁目36番2号
協和ビル202号

TEL:0120-586-230
面談時間:平日9:00~20:00

※土日祝日および時間外の面談は予約制
アクセス:地下鉄 東山線
名古屋駅より徒歩7分